宅建試験の学習をはじめようと思われている方は、大金を支払う必要はありません。宅建試験は他の難関資格と違って、基礎的な知識を身に付け過去問題演習を積むことによって十分に合格できるからです
宅建は知名度が高く受験者が多い人気資格ということに加え、年齢学歴一切不問でマークシート4択という受験しやすさなどの理由から、「難易度が低めで初学者でも比較的合格しやすい」というような印象を持たれがちだが、実際には合格率は毎年約15%前後で推移しており合格に必要な標準学習時間が約300時間前後と言われている難関である。加えて受験者数の増加、登録講習を受講した5問免除者の増加、民法に見られる問題の長文化等の種々の要因で試験は年々難化傾向にある。 現在の宅建のレベルでは独学での受験はかなりの努力を要するので、初学者からの一発合格を目指すならば資格学校の通学講座を利用して春から6ヶ月程度の学習が有効である。

合格者の職業別では不動産業界が最も多く、他には建設業界、金融業界、一般企業、学生、主婦などとなっている。企業では不動産業界を中心に宅建資格取得者に対して資格手当が1~3万円程度支給されるケースが多い。 近年では、不動産会社に勤務する取引主任者が、不動産購入を希望する顧客への資金計画のアドバイスに必要な、税金・住宅ローン・損害保険などのマネー知識の習得のために、FP資格を併せ持つケースも増えてきている。

宅建 試験の合格講座 絶対受かるカテゴリー

宅建の資格について

宅建とは、宅地建物取引主任者のことで、国土交通省管轄の国家資格です。受験資格に特に定めはありません。この資格は筆記試験が基本ですが、ある一定の登録講習を受講するとその筆記試験が一部免除となります。

宅建資格試験について

国家資格試験の中で最大規模の資格試験であり、受験者数は2006年で20万人弱を数える。不動産景気を反映するバロメーターともいわれ、受験者数が最も多かった1990年はバブル景気の絶頂期であり、その数は34万2111人を数えた

宅建試験合格ソフト

2007年度試験に完全対応した資格シリーズの宅建試験版。楽しく学ぶための新機能として、「運勢」「バイオリズム」「脳を鍛えるアナグラム」の3つの機能を新搭載

宅建試験スピード合格法

私は不動産業界で仕事をしていますが、宅建の資格を勉強されている方によく出会います。しかし、彼らは非常に非効率な勉強しています。そこで私は宅建の合格者から合格ノウハウ(レシピ)を聞き出しました。

宅建問題集

宅建 試験の合格講座 絶対受かるPick Up!

過去問宅建塾 2007年版 1―宅建塾問題集 (2007)

『過去問宅建塾 2007年版 1―宅建塾問題集 (2007)』週刊住宅新聞社pr...

過去問宅建塾 2007年版 2―宅建塾問題集 (2007)

『過去問宅建塾 2007年版 2―宅建塾問題集 (2007)』週刊住宅新聞社pr...

過去問宅建塾 2007年版 3―宅建塾問題集 (2007)

『過去問宅建塾 2007年版 3―宅建塾問題集 (2007)』週刊住宅新聞社pr...

パーフェクト宅建過去問10年間〈平成19年版〉 (パーフェクト宅建シリーズ)

『パーフェクト宅建過去問10年間〈平成19年版〉 (パーフェクト宅建シリーズ)』...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「宅建問題集」です。

この記事のカテゴリーは「宅建問題集」です。

この記事のカテゴリーは「宅建の資格について」です。

この記事のカテゴリーは「宅建問題集」です。

カテゴリー
サイト内検索